Oct28th

書込ユーザー・サイト運営者の調査特定

Top / 書込ユーザー・サイト運営者の調査特定

書込ユーザー・サイト運営者の調査特定

002.jpg

エーディーシーでは、実名被害や悪質な誹謗中傷被害に遭った方に対して、加害者を調査特定するサービスを提供しています。中傷書き込みを行ったユーザーと中傷書き込みを放置しているサイト運営者を特定し、削除要請を行うことが可能です。また、中傷書き込み者を特定できれば、弁護士を通じて名誉毀損で損害賠償請求を起こすことも可能です。

書込ユーザー・サイト運営者への法的対応については、「プロバイダ責任制限法」が大きなポイントとなります。

 

サイトに自分の名前(実名)や住所等の個人情報や悪口(中傷)を掲載された!

このような被害に遭ったときには…

プロバイダ責任制限法は、サイト、掲示板等に掲載されている情報が個人の権利を不当に侵害している場合には、管理者やプロバイダ等が情報の送信を停止することができる旨の法律を定めています。従って、サイトや掲示板に自分の個人情報(実名など)や悪口(中傷)が掲載されている場合、サイト、掲示板の管理者やサイト、掲示板を運営しているプロバイダ(サーバー会社)等に、書込みの削除や掲載停止を求めることができます。さらに、サイト、掲示板等に個人情報等を掲載されたことにより、社会的評価が害された(名誉を毀損された)と考えられる場合には、弁護士を通じて損害賠償請求などの法的手続も可能です。損害賠償請求等のため必要であれば、サイト、掲示板管理者やプロバイダ等にその行為を行った者に関する情報(氏名、住所、電子メールアドレス、IPアドレス及び掲載日時)を開示してもらうよう請求することもできます。

プロバイダ責任制限法について詳しくはこちら

btn.jpg